ハレイワHaleiwa

世界のサーファーが集まるノースショアの中心の街です。ノスタルジックな趣を残したまま、少しずつ新しいお店が増え、ハワイらしいお土産やサーフ用品などのショッピングが楽しめます。また、ガーリックシュリンプやシェイブアイスなど、ノースショアのグルメとして有名なお店も多数あります。
Shopブルーウェーブツアーのスタッフがピックアップしたハレイワで注目のお店
FILE01
Hale’iwa Store Lots
ハレイワ・ストア・ロッツ

詳しく見る

ハレイワ・ストア・ロッツ
ハレイワの街に溶け込むように、以前あった建物の外観を出来る限り忠実に復元し、プランテーション時代の雰囲気を残して2016年に誕生したショッピングモールです。ハレイワの街の顔として親しまれてきたマツモト・シェイブアイス他、ホエーラーズ・ゼネラルストア、グリーンルーム、アイランド・ビンテージ・コーヒー、グァバ・ショップなど、人気のお店が出店しています。休憩スポットもあり、ハレイワ散策の新しい中心地となっています。
FILE02 North Shore
Marketplace
ノースショア・マーケットプレイス

詳しく見る

ノースショア・マーケットプレイス
ハレイワを代表する老舗のショッピングセンターです。クイックシルバーやパタゴニアなどの人気ブランド店やノースショアらしいビーチテイストのセレクトショップ、また、コーヒーギャラリーやチョロス・メキシカンレストランなどの飲食店でのんびりとロコ気分を楽しめます。
FILE03
Guava Shop
グァバショップ

詳しく見る

グァバショップ
洋服やアクセサリー、ビーチ用品、おしゃれ小物など、ロコガールの流行アイテムがいろいろ手に入ると話題のブティック。ノースショアで生まれ育ったオーナー、リズさん&カイさんが 「おしゃれなロゴガールたちがタウンまで遠出することなく、地元でもクオリティの高いおしゃれな洋服を買えるように」という思いを込めてオープンしたお店です。
FILE04
HAPPY HALEIWA
ハッピーハレイワ

詳しく見る

ハッピーハレイワ
女の子の看板キャラ「ハッピーちゃん」が人気のお店。店内には洋服から雑貨、食品まで、様々なオリジナルグッズが並んでいます。特に人気なのは、デザインやカラーが豊富なTシャツ。目移りするほど種類があり、キッズ用Tシャツもあるので、親子でペアルックも楽しめます。
FILE05
Surf N Sea
サーフアンドシー

詳しく見る

サーフアンドシー
オープン1965年の老舗サーフ・ショップ。プロが選んだ本格派のサーフアイテム以外に、おしゃれな水着やビーチグッズ、キュートな小物などがところ狭しと並んでいます。オリジナルロゴグッズも人気で、バスタオル、キッズ用のTシャツなど種類豊富です。 日本人スタッフが常駐しており、サーフィンレッスンやレンタルも行っています。
FILE06 North Shore
Soap Factory
ノースショア・ソープファクトリー

詳しく見る

ノースショア・ソープファクトリー
TV番組でも紹介されたハレイワから車で約5分のワイアルア地区にあるお店。オールナチュラルのソープとボディケア商品が揃い、ハワイらしいプルメリアやピカケ、マンゴーパパイヤ、パイナップル、ココナッツといった香りのソープは、お土産に最適です。旧砂糖きび工場というロケーションも面白く、毎日多くのツアー客で賑わっています。
Restaurant人気の老舗も話題のニュースポットも、ハレイワの美味しいものいっぱい
FILE07 Matsumoto
Shave Ice
マツモト・シェーブアイス

詳しく見る

マツモト・シェーブアイス
1951年の開業から60年以上もハレイワで営業を続ける有名店。地元紙のアワードを受賞し続ける人気の味は、行列に並んでも食べたい絶品として知られています。シロップの味は40種類もあり、一番人気はイチゴ&レモン&パイナップル味のレインボー。小豆&アイス入りなども注文できます。Tシャツやストラップなどのオリジナル商品も隠れた人気商品です。
FILE08 Wow Wow
Lemonade
ワウワウレモネード

詳しく見る

ワウワウレモネード
ファーマーズマーケットの出店から人気に火がついた、ハワイ産素材を使ったフレッシュなレモネードのお店。ナチュラル&シンプルなインテリアで、ハレイワのゆったりとした雰囲気にぴったり溶け込んでいます。レモネードはオリジナルロゴ付きガラス瓶「メイソンジャー」に入れてもらうことができ、ハレイワ店限定の限定のジャーもあります。
FILE09
Coffee Gallery
コーヒーギャラリー

詳しく見る

コーヒーギャラリー
こだわりの極上コーヒーを提供するコーヒー専門店。地元ワイアルア産やハワイ島コナ産などのハワイアン・コーヒーをはじめ、世界から厳選された希少価値の高い豆がずらりと揃っています。全て店内で自家焙煎し、購入する際にその場で挽いてくれます。毎朝手作りするケーキや軽食なども味わえるカフェスペースは、ゆったりとリラックスした雰囲気。
FILE10 Giovanni’s
Shrimp Truck
ジョバンニズ・シュリンプトラック

詳しく見る

ジョバンニズ・シュリンプトラック
ハワイのガーリックシュリンプ・ブームの火付け役となったシュリンプワゴンです。定番のスキャンピは、たっぷりのガーリックとオリーブオイルの香りが食欲をそそる一品でご飯との相性も抜群。辛いものがお好きな方は、激辛のホット&スパイシー、ガーリックも辛いものも苦手な方には、爽やかなレモン風味もあります。
FILE11
Big Wave Shrimp
ビッグウェーブシュリンプ

詳しく見る

ビッグウェーブシュリンプ
ハレイワタウンの入り口からすぐ、アロハ精神たっぷりの夫婦が営むシュリンプワゴン。世界的な某クチコミサイトでの受賞歴もあり、日本の芸能人や映画クルーも絶賛する人気のお店です。看板メニューのガーリックシュリンプには隠し味として出汁やパセリが使われ、日本人好みの食べやすい味付けになっています。さっぱりとしたレモンペッパー味も好評です。
FILE12
Waialua Bakery
ワイアルアベーカリー

詳しく見る

ワイアルアベーカリー
サンドイッチやスムージーを売っている小さな家族経営のお店。材料の野菜と果物は、全て自家農園、もしくは地元の農園で採れたものを使い、パンも自家製で6種類から選べます。全て注文してから作ってくれるため、とても新鮮な味わいで、地元の人々にも大変人気です。クッキーやアイスクリームもあります。
FILE13
Haleiwa Joe’s
ハレイワショーズ

詳しく見る

ハレイワショーズ
ハレイワの港の目の前にあるシーフード料理が評判のレストラン。店内からとってもトロピカルでハワイらしい景色を眺めながら、ポケ各種、カラマリ、アヒ、シュリンプ、サーモンなど、新鮮で美味しい魚介類が味わえます。プライム・リブなどのお肉類もあり、ボリュームたっぷりでとてもジューシーです。
FILE14 Ray’s Kiawe
Broiled Chicken
レイズ・キアヴェブロイルドチキン(フリフリチキン)

詳しく見る

レイズ・キアヴェブロイルドチキン(フリフリチキン)
マラマ・スーパーマーケット前に土日だけ営業する丸焼きBBQチキンを売るテントです。串刺しで回し続けながらキアヴェの木を使って焼くので、皮がカリカリに仕上がりとても美味しいと評判です。丸ごと1匹、1/2匹、そして1/2匹にご飯とコールスローサラダが付いたプレートランチという、いたってシンプルなメニューを提供しています。
FILE15
KUA`AINA
クアアイナ

詳しく見る

クアアイナ
日本にも多数支店のあるハンバーガーショップ。米国の一流紙で「宇宙一おいしいハンバーガー」の称号を授けられた、ノースショアの超有名店です。こちらハレイワが本店で、人気のアボガドバーガーはすぐに売り切れてしまうので、要注意だとか。ハワイ産の素材を使ったパイナップルバーガーもぜひ試したいところ。
Beachノースショアには個性的なビーチがたくさんあります
Hale’iwa Beach Park
ハレイワビーチパーク
Hale'iwa Beach Park

ハレイワタウンの西側、カメハメハ・ハイウェイ沿いにあるビーチパーク。駐車場、トイレ、シャワーも完備していて、ノースショアで冬の波が高い時期でも比較的穏やかな波なので遊泳できることも多いです。ビーチはきれいですが、他のビーチに比べて浅瀬のところに少し岩などが多く、ゴツゴツしています。
Haleiwa Alii Beach Park
ハレイワアリイビーチパーク
Haleiwa Alii Beach Park

サーフスポットとしても有名なハレイワ・アリイ・ビーチパークは、トイレ、シャワー、ライフガードが備わっており、駐車場も広いので、多くの人が集う人気のビーチです。サーフィンの大会が開かれるほどいい波が来る冬期はサーファーたちで、波が穏やかな夏の時期は家族連れで賑わいます。海亀もよく見ることができます。
Laniakea Beach
ラニアケアビーチ
Laniakea Beach

通称"亀ビーチ"として有名なハレイワの近くのビーチです。野生の海亀を保護するため、亀が甲羅干しに現れる岩場のエリアには、毎日保護団体ボランティアの方が常駐し、ルールを守らない観光客から亀を守ってくれてます。ビーチの東側の方は砂浜なので、くつろぐことができます。ライフガードはいますが、トイレとシャワーはありません。
Waimea Bay Beach Park
ワイメアベイビーチ
Waimea Bay Beach Park

ワイメア・バレーから流れ出るワイメア・リバーの河口にある湾状のビーチパークです。冬にはビッグウェーブが入り、荒々しい雰囲気になりますが、春から夏にかけては穏やかでとても澄んでおり、シュノーケルやスイミングをするのにお勧めです。但し、ビーチには日陰がないので、日焼け対策はしっかりする必要があります。シャワーやトイレなどの設備が整っています。
The Banzai Pipeline (Ehukai Beach Park)
バンザイパイプライン(エフカイビーチパーク)
The Banzai Pipeline (Ehukai Beach Park)

サーフィン・コンテストの最高峰トリプル・クラウンの最後の戦い「パイプライン・マスターズ」が開かれるサーファーの聖地です。巨大にそそり立つ完璧なチューブの波は多くのサーファーを魅了するとともに、毎年何人かの死者を生む恐ろしさも持っています。サーフィンが出来ない人もビーチからプロのサーフィンを見ているだけで最高の興奮が味わえます。そんなパイプランも夏場はプールのように静かになります。
Sunset Beach Park
サンセットビーチパーク
Sunset Beach Park

その名の通り、美しいサンセットが人気のビーチです。冬は波が大きく、サーフィン大会も開かれます。夏は穏やかで、泳いだり、シュノーケリングもできるようになります。海岸線が長く、水平線が180度以上見渡せ、静かで心も身体もリラックスできます。駐車場も広く、トイレやシャワーもあり、ライフガードもいます。近くにパイで有名な「テッズ・ベーカリー」がありますので、プレートランチやハンバーガーなどを買ってビーチで食べるのもお勧めです。

スポット情報

備考・注意点①ハレイワは歩道が狭いところが多く、横断歩道も少ないので、散策時は車に気をつけましょう。
②冬場のノースショアはとても波が高いので、遊泳には十分な注意が必要です。
街の規模の目安ハレイワのお店は、ほぼカメハメハ・ハイウェイ沿いにあります。街の東端(Surf N Seaの辺り)から西端(7-Elevenの辺り)まで徒歩で約30分くらいの距離です。
ワイキキからの距離ワイキキから車で約1時間(ザ・バスで行く場合、乗り換えの時間など含め、2時間以上かかります。)

関連するツアーRelated tour

ハワイで行きたい場所で探すScenic Highlights

ダイヤモンドヘッド
タンタラスの丘
ハナウマ湾
カイルア
ハレイワ
ドール プランテーション
KCC朝市
パールハーバー
天国の海・サンドバー
カカアコ

ハワイで食べたいレストランで探すRestaurants